イラク人質事件の本当の原因を見失わないで

2004年4月16日 23時38分 | カテゴリー: トピックス

イラクの日本人人質3人が無事解放された知らせをきいて、本当に安堵しました。家族の方々の願いや市民の支援がイラクの聖職者や市民を動かし、結果として最悪の状況は回避できたということでしょう。日本政府もあらゆる手を尽くしたと思われます。テロはゆるされるものではありませんが、かといって、自衛隊撤退の意思のないことを早々に表明し、結局家族と会うこともしなかった今回の小泉首相の姿勢を、「人命の尊重を最優先にした」と評価することはできません。首相の支持率は低下せず、「自業自得」「謝罪の姿勢が不足」などと非難をあびせる世論が、拉致された方の家族を苦しめました。あってはならないことです。あらたに2人の日本人ジャーナリストが行方不明になっています。この事態の本当の原因はアメリカの戦争が間違っていること、そしてそれに追随した日本政府の行動にあることを決して見失ってはならないと思います。