市長選終わる〜これからが正念場!〜

2009年2月9日 22時33分 | カテゴリー: トピックス

2月8日、西東京市長選挙が行われました。

投票率 37.19% (4年前45.69%)  
結果  坂口こうじ  25,844 票
    保谷なおみ  21,607 票
    内田なおゆき  9,088 票
    白票と無効票  1,091 票(4年前 595票)

投票率が低いうえ、白票、無効票が多かったことは、非常に残念です。

この選挙の大きな争点は、報酬問題でした。
白票、無効票の要因はいろいろあると思いますが、この報酬問題が大きな要因であることは確かでしょう。

西東京・生活者ネットワークは、坂口さんに報酬審議会を開き報酬見直しを行うことを、推薦のための政策協定の最重要課題であることを示しました。そして、報酬見直しを含む15項目の政策協定を結び、推薦を決定しました。
生活者ネットが、政策協定に審議会設置による報酬見直しを盛り込んだことで、報酬見直しを市民の方々にお約束することができました。
市長の二期目就任後には、十分な情報公開と、透明性を高めた審議を市民参加で行なうように、重ねて求めていきます。

しかし、報酬金額の決定を市長が行うことはできません。
決定が行えるのは、議会だけです。
議会がどのような決定を行うのか、注視してください。

報酬の審議だけでなく、議会で一体どんなことが話し合われ、決められているのか。
または、話しあうこともなく、決定されているのか。

誰がどんな意見を言い、どんな態度で議会に臨んでいるか。
ぜひ市民の目で確認していただきたいと思います。

また、議会は、市民の関心が向くように、市民に開かれた議会に変わることが必要です。生活者ネットワークは、引き続き、議会改革を進めていきます。

2議席になってしまった生活者ネットは、これからが正念場!です。
3月議会は、2月27日(金)から開催予定です。
ぜひ、傍聴にお出かけください。