ひばりが丘駅前南口自転車駐輪場

2009年11月6日 11時38分 | カテゴリー: トピックス

46年振りの皆既日食に世界中が沸いた7月22日の午後、ひばりヶ丘駅前南口自転車駐輪場と、西東京市ひばりヶ丘駅前出張所の見学会を行いました。
先ずは駐輪場。間口二軒くらいの細長い入り口の右端にあるサイクルコンベアに自転車を乗せて、前輪ブレーキをかけながら、2階に上がります。入り口ゲートの発券機で券を受取り、自転車の前輪で回転ゲートを押して中へ。使用料は後払いとなっています。
収容台数は定期利用800台、一時利用100台。一時利用は100台を越えると入り口で発券できなくなるしくみで、そのお知らせは階段を上がる前の入り口にも出るようになっています。 早いときには8時30分くらいでいっぱいになるとか。駅前で屋根付き、24時間利用という利便性から、人気が高いことがわかります。通勤、通学等で、夜置いて、日中には空くスペースと、朝置いて夕方や夜間には空くスペースを把握して、一時利用に解放すればよいと思いました。
駅前出張所では、場所がわかりづらく、目立つ看板があったほうがよいですね。中はバリアフリーで綺麗だけど、特に目新しいことはないかんじ。そんな中で光っていたのは、『誰でもトイレ』です。オストメイト対応設備がついていて、病気などで人工的に腹部に「排泄口」(ストーマ)を造設した方でも、安心してトイレに行き、排泄物の処理が出来ます。利用頻度は少ないにしても、行政はやっぱりマイノリティの味方じゃないとね。 
土曜日は閉所ですが、便利の良い場所だからこそ、土曜日も開いていると良いと思いました。
 石田 裕子