「都市農業を守る」に一歩前進

2010年5月6日 14時50分 | カテゴリー: トピックス

生活者ネットは、以前より「都市農業を守る」を政策に掲げています。都市農業・農地は、新鮮な農産物の供給元、災害時のオープンスペースであり、都市の貴重な緑の資源として、雨水の涵養、空気の浄化、ヒートアイランド化の緩和、心の安らぎなど、実に多様な役割があります。その役割を評価してか、東京都政モニターアンケート(09年6月)の結果、84.6%の人が、「東京に農業・農地を残したい」と答えています。
しかし、農地は年々減少。
宅地化を推進、許容してきた自民政権下の都市農業・農地の関連政策は、都市計画法、生産緑地法、相続税法などで、国交、農林水、財務、総務の4省間の縦割り行政の中にあります。複雑で、使いづらい制度は、農業を継続したいと思う農家をして、営農断念に至らしめています。
都市農業の維持、推進には、省庁の枠を超えた政策と、わかりやすい制度が不可欠です。
政権交代した今こそ、制度を変えるチャンスです。3月に閣議決定された「食料・農業・農村基本計画」には、各省連携で都市農業の振興を行うことが盛りこまれました。
西東京・生活者ネットでは、民主党参議院議員の大河原雅子さんを呼んで、都市農業についての国政フォーラムを開催する予定です。
都市農業・農地を残したいと思う市内の農家の人たち、市民が一緒になって、意見交換し、国政につなげていきたいと思います。

学習会
「都市農業を守る」
日時…5月30日(日)午後2時から午後4時
場所…パスレル保谷2F
講師…大河原雅子さん
   (参議院議員
    元東京・生活者ネットワーク都議会議員)