関東大震災93周年韓国・朝鮮人犠牲者追悼式に参加

2016年9月10日 14時28分 | カテゴリー: トピックス, 市民自治部会

DSC006411923年、関東大震災時の混乱の中で「朝鮮人が火をつけた」「井戸に毒物を入れた」などの流言飛語により、数千人の朝鮮人、中国人が虐殺されたことは知られていますが、その詳細は不明のままです。

9月3日、荒川河川敷での追悼式に、有志で参加し、150人強の市民と犠牲者を悼みました。

関係者から、「軍隊が機関銃で殺した」「河原に埋められた遺骨はその後、掘り起こされ、どこかに持ち去られ、遺骨も墓もないまま真相も究明されず、公的責任も取られていない」などの報告がありました。政府関与の事実関係究明が求められます。

先の熊本地震時、「朝鮮人が井戸に毒を入れた」などのツイッターが広がったとのこと(9月1日東京新聞)。ヘイトスピーチ解消法が成立したとはいえ、今も民族差別の根は絶たれていません。
DSC00657生活者ネットは、平和政策の中に「多文化共生のまち」を掲げていますが、実現に向けて更に活動を進めていきます。

市民自治部会