特別職報酬審議会 早急に立ち上げを!

2008年9月5日 19時52分 | カテゴリー: ステートメント

6月の定例会に出された次の3つの陳情に、生活者ネットはいずれも賛成しました。(賛成9、反対18)
 「現行の特別職報酬等額を、再審議の上、改正前の額に戻すことを求める陳情」
 「西東泉市特別職報酬等額を、社会常識等にかんがみ適正な額に戻すことを求める陳情」
 「特別職報酬等額を、再審議し、改正前の額に引き下げを求める陳情」

 食料、日常品等の値上げが顕著になり、市民負担が増える社会状況のなか、議員報酬値上げ分に税金が使われることに納得がいかないという市民の感情は当然のものです。
 市民の厳しい眼は、議会の存在自体にも向けられ、市民が見えるような議会改革を行なうことも必要です。
 当市議会の議会運営委員会でも議会運営について議会改革の検討を始めています。しかし、市民参加はできず、市民の期待する改革とはかけ離れた議論になりがちなことも否めません。
 生活者ネットは「議員報酬や報酬なども含めた議会の在り方」について、市民参加での学習会を始めました。参加者も広がっており、市民参加で議会改革を進めていかねばならないと実感しています。

 まずは、一刻も早く市民との信頼関係を取り戻すため、特別職報酬の見直しの特別職報酬等審議会を早急に立ち上げ、同審議会委員には、市民公募枠を確保し、幅広い市民参加を募り、十分な情報公開を行ない、透明性の高い審議にしていくことが必要です。