2008年12月議会 トピックスあれこれ

2009年1月12日 17時04分 | カテゴリー: 議会報告

〈働き方を考える!〉
協同出資・協同経営で働く協同組合法」の速やかな制定を求める意見書に関する請願が採択された。
大不況で雇用不安が拡大する中、協同の理念による働き方が、今こそ求められている。

〈不況対策!中小企業に補助〉
「中小企業事業資金融資あっせん条例」の一部を改正し、緊急一時的(2009年1月5日〜3月31日)に、あっせん後実施された融資に係る保証料及び利子について市が全額補助を行う

〈「駅前」あるとないとで大違い 公民館の名称が変わる!?〉
柳沢駅前の公民館は「保谷公民館」、保谷駅再開発ビル「ステア」内に開館した公民館は「保谷駅前公民館」…2つの館を間違える市民が多く、保谷公民館の名称に関する陳情も出され、名称変更も含め検討を始めた。実施したアンケートの結果が待たれる。

〈産科医療保障制度がスタート〉
国民健康保険での、出産一時金が見直され、09年1月1日から、産科医療保障制度に加入している医療機関(都内では97.6%が加入)などで分娩した場合のみ、現在の一時金35万円に3万円まで加算される。これで安心?

〈後期高齢者医療制度の実態〉
後期高齢者医療制度の保険料の滞納状況は、10月末納期限4期分では425件。滞納者の生活実態をよく把握し、きめ細やかな対応に心がけ、必要な医療がうけられないことのないようにすべき!

〈早く早く!卒業するまでに開設を〉
10月に早期優先課題と答弁があった中学校通級指導学級の早期開設について、今議会、教育委員会は、開設は2011年と答弁。3年たつと、みんな卒業しちゃうよ〜!