「東京電力管内の原子力発電所の稼動についての是非を問う東京都民投票条例」の制定を求める直接請求に取り組みます

2011年11月30日 19時13分 | カテゴリー: トピックス

東京電力の「原発」の是非は都民が決めたい!

電力の大量消費者である東京都民自身によって、
「原発」の是非を決したい。

そのためには「東京電力管内の原子力発電所の稼動についての是非を問う東京都民投票条例」を制定する必要があります。

今回の直接請求は、
都民投票を行うための条例制定を求めての直接請求です。

直接請求って何?
ところで、その「直接請求」とは何か?
これは、有権者の1/50以上(東京全体で約22万人)の署名を集めて、東京都に条例制定を求めるものです。

必要署名数は東京全体で数えますが、
身近に目標を設定して、
必要署名数を確保したいと思っています。
そこで、西東京市では3200人の署名を目標としています。

署名開始は、12月10日
2ヶ月間で集めます。

受任者募集中!!
直接請求の署名は、受任者でないと集めることができません。

大勢の受任者募集中です。
リンク先のHPからでも、
また生活者ネットへの申込でも、どちらでもかまいません。
登録お願いします!(^^)!