埋もれさせちゃならない大事な市議選!

2014年11月28日 21時02分 | カテゴリー: トピックス

突然解散風が吹き始め、そして12月2日公示が既定路線として報じられるようになり、あれよという間に、19日解散、12月14日総選挙決定!
12月14日が総選挙の投票日で西東京市議会議員選挙の告示となります。有権者にとっても判りづらく混乱するのではと、投票率の低下が危惧されます。

地方分権、地域主権の名のもとに、各自治体で決める案件が増えています。
地域主権を訴え、地域政党として「大事なことは市民が決める!地域のことは地域で決める。」と言ってきた生活者ネットとして、地域主権は大歓迎です。
生活に密着した一番身近なことを決める大事な市議会の選挙を、総選挙で埋もれさせることのないように、現在、生活者ネットの街宣カーも走らせ、政策を訴える活動(総選挙が12月2日に公示されると、遊説などは12月1日までしたできません)を展開中です。

そんな中、12月21日の市議会議員選挙に向けて、候補予定者の市政への決意をお聞きいただく会を設けました。
11月16日(日)にかとう涼子、11月23日(日)に後藤ゆう子がそれぞれ、応援頂いている方々への事務所のお披露目を兼ねて開催しました。
いずれも、用意した椅子が足りないぐらいの盛況で、みなさまからは温かい励ましの言葉を頂きました。

 

 

会の後には、事務所前で遊説を行い、そのまま夕方の遊説に繰り出しました。元気に遊説までお付き合いいただいたみなさん!ありがとうございます。