省エネは家計にやさしい

2008年10月20日 19時26分 | カテゴリー: トピックス

10月15日に行われたパスレル祭に、西東京ネットも参加し「省エネゲーム」を行ないました。

「省エネゲーム」とは、「足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ(略称:足温ネット)」が開発したゲーム。
省エネしようと思っていてもなかなか実行できないでいるふつうの人が4〜6人でチームを作り、10〜20年間でどれだけCO2を削減できるかを競うゲームです。
写真一番上は、説明をする足温ネット事務局長の山崎求博さん。

さっそくゲーム開始!
飛び入り歓迎!で3チーム結成。擬似家族を構成し、チーム名をつける(写真2番目。奥より「地球チーム」「ほかほかチーム」「さきちゃんとその家族チーム」)

いま使っている家電製品などを家の(絵の)中に並べる(写真3番目)。

各チーム300万円の資金を使って、生活のレベルを落とすことなく、家電や設備を取り替える。さあ、どれをどれに取り替える?子どもの意見を聞きながら、家族会議で決定。ここが思案のしどころです(写真4番目、5番目)。

さて、どれぐらい省エネできたか?どれぐらいお金を節約できるか?古い家電の廃棄処分にかかるお金と排出されるCO2も計算します。

各チームの結果発表!(写真6番目)
子どもたちがいっぱい意見を出した「地球チーム」は、なんと10年間に、
削減したCO2    48.0トン
節約したお金 1,576,500円
削減達成率は現在に対し、55.8%
ちなみに日本の目標は、2008年から2012年の間に1990年の排出量に比べて6%削減すること。

地球に優しいことも魅力だが、
1年に157,650円節約できるのも魅力だわー。

同じ資金を使っても、何を何に取り替えるかで差が出ることがよ〜くわかった各チームの結果(写真7番目)。実におもしろい!

300万円の資金を準備して、我が家でも今すぐ始めよう!!…というのは無理だけど、家電の買い替え時にはぜひ省エネのものを迷わず選ぼう!

予想外に威力を発揮したのは、待機電力をカットするためのタップ(コンセントにつなぐ電気コード)。
たった5,000円(タップ4本分)で、1年間3,000円の電気代が節約できてCO2削減ができます。

これなら、すぐに始められます。
さ、実行!